国際貿易事業

主な取り扱いブランド(アルファベット順)

【ICT分野】

Citrix(米国)

近年の仮想化技術の発達により,コンシューマーだけでは無く,エンタプライズ製品とその環境においても仮想化技術は一般的なものとなりました。Citrix Xenは仮想化技術の中でもオープンソースから始まった技術として広く知られており,その技術は世界中でも数多くの企業に導入されています。弊社はCitrix社とパートナー契約を締結しており,製品の導入とサポートに努めています。

メーカーwebサイト:http://www.citrix.co.jp/

QNAP(台湾)

QNAP社はNAS (Network Attached Storage)の分野において低価格かつ高パフォーマンスを誇る製品です。QNAPは単なるNASとしての機能だけでは無く,本体に様々なソフトウエアによる拡張機能を有し,優れた拡張性を持つ製品です。

メーカーwebサイト:http://www.qnap.com/

VMware(米国)

VMware社は仮想化技術のパイオニアであり,積極的に仮想化技術の発展にとりくんできた企業の1つとして世界中に知られています。また当メーカーは単なる仮想化技術の提供だけでは無く,他社メーカーと協業することにより,仮想化プラットフォームの研究と啓蒙に積極的なメーカーとしても知られています。弊社はVMware社とパートナー契約を締結しており,IT-BCP分野において積極的に仮想化技術の導入を進めています。

メーカーwebサイト:http://www.vmware.com/jp/

【ホームエンターテインメント分野】

Aurender(韓国)

TVLogic社のハイエンドオーディオ部門ブランドであるaurenderは,クリエイティブで実績のあるオーディオ、ビジュアル、コミュニケーション、ソフトウェア製品の開発経験に富んだ技術者を多数擁する、若くて創意に満ちたメンバーで構成されています。
TVLogic社は韓国HDビデオモニター市場において80%以上の高いシェアを誇る企業で,同社のプロフェッショナル向け映像機器はBBCやThomson,NASAなどに導入されています。
「aurender」は2010年に設立されたオーディオ専業メーカーWidealab社のオーディオブランドで,第一弾の製品であるオーディオサーバー 「S10」はデビューから短期間でアメリカのハイエンドオーディオレビュー誌の高い評価を得,35カ国にも及ぶ代理店を獲得しました。2012年にWidealab社はTVLogic社と合併し,Widealab社のメンバーは現在TVLogic社のハイエンドオーディオ製品の開発・製造部門を担当しています。

日本語webサイト:http://www.aurender.jp/
メーカーwebサイト:http://www.aurender.com/

Bricasti  Design(アメリカ)

アメリカのマサチューセッツ州に本拠を置くBricasti Designは、2004年にBrian Zolner(ブライアン・ゾルナー)とCasey Dowdell(ケイシー・ダウダル)により設立されました。両者ともHarman International Industries出身で、Brianは20年間Lexiconの海外セールスのバイス・プレジデントとして、CaseyはLexiconでDSPソフトウェアエンジニアとして活躍していました。Bricasti Designは2007年に最初のプロフェッショナル・オーディオ製品であるステレオ・リバーブ・プロセッサー「M7」を発表し、多くのレコーディングエンジニアやレコーディングスタジオが採用するなど、リバーブ・プロセッサー分野でのトップブランドとなったほか、ハイエンドオーディオの系譜となる初めてのコンシューマオーディオ製品「M1」を2011年に発表し、以後アメリカのハイエンドオーディオの新たな騎手として活躍していいます。

日本語webサイト:http://www.bricasti.jp/
メーカーwebサイト:http://www.bricasti.com/

exaSound Audio Design(カナダ)

exaSound Audio Designはカナダのハードウェアエンジニア,ソフトウェアエンジニア,音楽家,起業家により2010年に設立された新しいオーディオブランドです。革新的なソリューションにより感度の鋭いオーディオ愛好家に高品質な音楽再生環境を提供することを目標としています。
exaSound Audio Designはドライバソフトウェアも含めてハードウェアおよびソフトウェアを完全に内製で開発している非常に珍しいブランドです。そのため,ソフトウェ アベンダー企業から提供を受けることを前提にハードウェアメーカーがハードを設計しているケースとは異なり,新OSへの対応もいち早く完了するなど,環境 の変化に対して機敏な対応をする点に特徴があります。
また,マルチチャンネル再生も含めたDSD対応USB基板をOEM生産向けにいち早くリリースするなど,ハードウェアの開発スピードも速いことで知られています。

日本語webサイト:http://www.exasound.jp/
メーカーwebサイト:http://exasound.com/

Kordz(オーストラリア)

Kordzはホームシアター設置業者向けの指導を行う法人として2003年にオーストラリアで設立されました。HDMI規格が本格的にスタートした2005年から、Kordzはいち早くHDMIのライセンスを取得し、今日に至るまで世界各国のホームシアター設置業者や多数のメーカーの製造現場でHDMIライセンスの研修・指導を行うと同時に、自社製HDMIケーブルの製造・販売を行っています。
また、Kordz製HDMIケーブルはプロフェッショナル・コンシューマーの指導活動に裏付けられた、規格準拠の高品質な接続用製品の製造を徹底している点に特徴があります。KordzのHDMIケーブルは全てのラインナップでHDMIのライセンスを取得しており、各種測定による厳密なテストを経て出荷されています。現在、Kordz製HDMIケーブルは世界各国のアワードを獲得するに至っています。

日本語webサイト:http://www.kordz.jp/
メーカーwebサイト:http://www.kordz.com/

MrSpeakers(アメリカ)

MrSpeakersは素晴らしいヘッドホン製品を製造すること,そして物づくりを楽しむことというシンプルな目標を掲げ,2013年4月にDan Clark氏によりアメリカのカリフォルニア州サンディエゴに設立されました。Dan Clark氏は設計エンジニアとして、ハイエンドオーディオ市場において20年以上のキャリアを有しており,ハイエンドのリテールマーケットだけでなく,アンプの設計や特定顧客向けの音響機器、商業施設向けの大型スピーカー設計などを手掛けました。代表的なキャリアに1990年代後半からのPlatinum Audio speakers社があります。

日本語webサイト:http://www.mrspeakers.jp/
メーカーwebサイト:https://mrspeakers.com/

Resonessence Labs(カナダ)

BCIC Designs Inc社のオーディオブランド「Resonessence Labs」はESS Technology社で運用責任者を担当していたMark Mallinson氏により設立された音響製品の設計と製造に注力しているメーカーです。同社の技術者は業務用D/AコンバーターおよびA/Dコンバー ターに関する音響設計の分野の専門家で,ESS Technology社のD/AコンバーターおよびA/Dコンバーター開発の最前線で活躍していました。
同社のフィロソフィは,世界レベルの音響エンジニアを一つのチームにまとめあげ,妥協なき音響機器を設計する,というものです。そのため,同社ではカナダの 国内での一貫製造を徹底しており,各工程でプロフェッショナルによるチェック体制や,同社エンジニアによる組み立てによる品質管理を実践しています。

日本語webサイト:http://www.resonessencelabs.jp/
メーカーwebサイト:http://resonessencelabs.com/